アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年2月26日 (水)

    カテゴリ:

    本人が知らないケースも

    国は17年度からの「第3期がん対策推進基本計画」で、小児がん患者の長期フォローアップの推進を盛り込んだ。19年3月に指定された15カ所の小児がん拠点病院で長期フォローアップの体制が作られた。最近は本人に病名を告知したり治療内容を説明したりする動きが広まっているが、以前は知らされていないことも多かった。米国の02年の研究では小児がん経験者の19%は病名は知っていたが治療の詳細を知らなかった。30~40代以上の人が子どもの頃は本人に告知もされなかったり、今よりも強い治療を受けていたりした可能性もある。進学や就職などで居住地が変わったりして通院が途絶えてしまう場合もあるという。松本さんは「フォローアップ外来に通っていれば、重症化する前に対策がとれる。知らないと急変する可能性もある」と話す。治療が発達段階の脳に影響を与えて認知機能に障害が起きることもある。聖路加国際大学公衆衛生大学院の佐藤聡美講師によると、小児がん経験者の中には、一時的な記憶、文章の読み取りなどに障害があり、人よりも学習に時間がかかっていたりする人も少なくないという。佐藤さんは臨床心理士として月に1度外来で相談を受けている。「学校の先生やスクールカウンセラー、就職先の上司と病院が連携し、サポートしていけるようにすることが重要だ」と話す。2月19日 朝日新聞 医療より

prev 小児がん 長期フォロー
小児がん 長期フォロー
小児がんの主な晩期合併症・小児がん拠点病院 next
小児がんの主な晩期合併症・小児がん拠点病院

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

本人が知らないケースも

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

本人が知らないケースも
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.