アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年2月17日 (月)

    カテゴリ:

    患者同士つながり

    岡山大学病院で開かれる月例会には、京都市の小学校教頭、西田久美子さん(51)も参加する。乳がんがきっかけで18年にHBOCとわかった。翌年、乳房と卵管・卵巣の予防切除を受けた。とにかくがんが怖くて仕方なかった。もし自分が死んだら小学生から大学生の3人の子どもたちはどうなるのか。考えると涙が止まらなかった。夫(47)以外とがんの話はできなかった。しかし、クラヴィスアルクスの月例会で、HBOCの先輩患者や、遺伝専門医の平沢晃・岡山大教授らと話すうちに、だんだん「そんなに怖がる必要はないんや」と自分のがんやHBOCという体質を受け入れられるようになり、自分のがんについても話せるようになってきた。次は、子どもたちだ。「がんとHBOCについてきちんと説明したい。長男と長女には、まずは遺伝カウンセリングを受け、遺伝子検査を受けるかどうか、考えるきっかけにしてもらいたい」。2月2日 朝日新聞 プレミアムAより

prev 「アンジー」契機に
「アンジー」契機に
公的保険の対象に next
公的保険の対象に

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

患者同士つながり

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

患者同士つながり
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.