アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年11月23日 (月)

    カテゴリ:

    神戸の在宅ホスピス院長・関本剛さん 肺がんで余命診断

    気持ちのこもった「がんばれ」はうれしいけれど、僕に伝わらない励ましもありました。心がこもっているかどうか、患者はわかるのです。ここで問われているのは、日ごろの人間関係です。患者と医師、友人同士でも、よく話を聞いて共感を見つけること。すると、心から相手も思いやれるようになります。この先の人生が短いかもしれないとわかった時、最初は家族との時間を大切にしようと考えました。経済的な理由で仕事を続けましたが、診療がいっそう充実したのです。僕も患者さんに励まされるのがうれしいし、これまで以上に患者さんの人生と並走できているように思っています。長女(10)と長男(6)には、僕ががんであること、ひょっとしたら早く死んでしまうかもしれないことを伝えています。両親が泣いているけれども、理由は教えてもらえない。そんな状況より、「こんな重い病気で悲しいんだ」という気持ちを共有できる方がいい。子どもがいる患者さんにも、そう勧めています。11月5日 朝日新聞

prev 緩和ケア医「僕もあと2年なんです」
緩和ケア医「僕もあと2年なんです」
本当のこと 子どもにもちゃんと伝え共有 next
本当のこと 子どもにもちゃんと伝え共有

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

神戸の在宅ホスピス院長・関本剛さん 肺がんで余命診断

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

神戸の在宅ホスピス院長・関本剛さん 肺がんで余命診断
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.