アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年12月11日 (金)

    カテゴリ:

    陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃

    約1カ月半、平日は毎日照射した。動かないように昼寝のタイミングを合わせるのが大変だったが、2歳になる前に退院できた。再発はなく、体格も標準だ。外から放射線をあてるがん治療は「X線」と、陽子線や重粒子線を使う「粒子線」に分けられる。①完全に治す②がんの大きさを一定に抑える③転移による痛みを和らげるなど、あらゆる目的で使われる。X線はほぼすべてのがんで公的医療保険が適用されていて、粒子線治療も一部のがんで保険適用が始まっている。公的医療保険の対象にならない部位でも、国が「先進医療」として認めていれば、民間の医療保険が使えることがある。陽子線治療は、16年に小児がんで公的医療保険の適用となった。年間約2500人が新たに小児がんと診断されているが、筑波大放射線放射線腫瘍学の桜井英幸教授は「今は8割が治る。いかに成長を防げないかが重要だ」と話す。11月28日 朝日新聞

prev 進化する放射線治療
進化する放射線治療
アダプティブ照射 next
アダプティブ照射

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.