アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年12月12日 (土)

    カテゴリ:

    アダプティブ照射

    正常組織に放射線があたると、数十年後に「二次がん」を起こす恐れもある。X線による治療も「強度変調法」という照射部位の強弱を付けて、がん組織だけに照射する技術が確立してきた。リアルタイムに画像を見て、照射のわずかなずれを修正する「アダプティブ照射」も登場している。さらに今年6月、「ホウ素中性子捕捉療法」という新しい放射線治療も頭頚部がんで公的医療保険の適用になった。がん細胞にホウ素薬剤を取り込ませ、そこに中性子線をあてると、細胞内でホウ素が反応し、細胞の中からがんを死滅させられる。大阪医科大脳神経外科の鰐淵晶彦教授は「がん細胞を1個単位で破壊できる」と話す。11月28日 朝日新聞

prev 陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃
陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃
働く患者向け 診療時間を延長 next
働く患者向け 診療時間を延長

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

アダプティブ照射

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

アダプティブ照射
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.