アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年12月14日 (月)

    カテゴリ:

    働く患者向け 診療時間を延長

    放射線治療は、1~2カ月ほど平日に毎日通院し、外来で治療することが多い。日本放射線腫瘍学会の調査によると、収入の保障に乏しい自営業者らの前立腺がんの場合、手術を受けるよりも収入減が少ない。早期の前立腺がんは、手術と放射線で生存率が変わらないとされる。1回あたりの照射時間は数分だが、準備を含めて30分はかかる。連日昼間に仕事を抜け出すのは難しいため、大阪国際がんセンター(大阪市)では16年、診療時間を延長して「就労支援枠」を作った。午前9時からの1時間と午後5時半からの約1時間半、計27人分の枠を確保した。17年4月からの約2年半で放射線治療を受けた4380人のうち、2割にあたる924人がこの枠を希望した。半数は乳がんと前立腺がんの患者で、60歳以下だった。同センターの診療放射線技師、宮崎正義さんは「仕事が終わった後だと、職場にがんになったことを伝えていない人も利用できる。できる限り日常生活を変えずに治療を続けられるよう、患者を支援していきたい」と話す。11月28日 朝日新聞

prev アダプティブ照射
アダプティブ照射
防護徹底し診療続ける next
防護徹底し診療続ける

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

働く患者向け 診療時間を延長

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

働く患者向け 診療時間を延長
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.