アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2021年1月23日 (土)

    カテゴリ:

    SNSでの交流に励まされ

    テレビ局を退社してフリーに転身した一昨年秋、血液のがん・悪性リンパ腫のステージ4と告げられたアナウンサーの笠井信輔さん(57)。新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄されながらも、治療が順調に進み、現在は仕事を再開しています。がんを経験し「足し算の縁」に気付いたと語る笠井さんに、体験を伺いました。悪性リンパ腫と告知されたときの心境は。診断がつきにくい病気なんです。一昨年の春すぎから頻尿となり、排尿時には激痛が走るようになりました。腰も肩も痛くて、夜にトイレに立つのも厳しい。病名が確定するまで4カ月もかかりました。全身に転移し、ステージ4。死ぬのか、とうろたえました。情報は集めましたか。妻の強い勧めでセカンドオピニオンを依頼しました。ネットでしらべたのは少しだけ。不正確だったり、実は金もうけとつながっていたりする情報も多い。一方、経験者の話はとても参考になりました。治療や薬は日進月歩だから、うのみはダメですが。がんが分かったのは、転身直後。さらに入院中にコロナ感染が拡大しました。フリーになって2カ月後。なんて運が悪いんだと思い、キャンセルした仕事を数えて落ち込みました。その後、コロナ禍でだれも見舞いに来られなくなり、一時は家族の面会も制限されました。そんな中、励まされたのが、SNSでのやりとりやブログへの反応でした。苦しさやつらさなど、無様なこともさらけ出して書いたら、「私も同じでした」など、同じ病気の経験者や家族から、多い日は1千を超えるコメントをいただいたんです。薬の副作用のだるさや食欲不振はきつかったけれど、どん底でも光はあり、新たな出会いが必ずあるものだとつくづく思いました。がんが良かったとは言えない。でも「引き算の縁」だけでなく、「足し算の縁」もあるんですよ。1月19日 朝日新聞 生活より

prev ゲノム医療 治験に参加
ゲノム医療 治験に参加
自分が変われたことも「足し算の縁」 next
自分が変われたことも「足し算の縁」

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

SNSでの交流に励まされ

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

SNSでの交流に励まされ
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.