アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2021年1月27日 (水)

    カテゴリ:

    蚊の嗅覚の仕組みで肝臓がんを感知

    蚊がにおいを感知する仕組みを人工的に再現したセンサーを開発し、肝臓がんの患者の呼気に含まれる物質を高い感度で検知することに成功したと東京大などのチームが発表した。ほかの昆虫の嗅覚を再現すれば、べつのがんや爆発物の検知などもできる可能性があるという。論文は13日付けの科学誌サイエンス・アドバンシズに掲載された。においを高感度で検知するセンサーは大型で高価なものが多い。そこで東京大大学院の竹内昌治教授らは、昆虫の嗅覚受容体に着目。特定のにおい物質と結合すると、イオンを通す穴が開き、電流が流れる仕組みのため、電流の信号を測れば分子レベルでにおい物質を検出することができ、多くの種類の物質が混ざっていても1種類だけを見分けられると考えた。蚊は、肝臓がん特有のにおい物質に結合する嗅覚受容体を持つことから、チームは、蚊の受容体を再現した好感度センサーを開発した。約3千種類もの代謝物が含まれる人の呼気で試したところ、このにおい物質を0.5ppb(ppbは10億分の1)の超微量で識別することができた。竹内さんは「ミツバチの嗅覚は爆発物や肺がん特有の物質に反応するとされる。応用範囲は広そうだ」と話した。1月21日 朝日新聞 科学より

prev 自分が変われたことも「足し算の縁」
自分が変われたことも「足し算の縁」
子宮頸がんの細胞 出産時に子に移行 next
子宮頸がんの細胞 出産時に子に移行

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

蚊の嗅覚の仕組みで肝臓がんを感知

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

蚊の嗅覚の仕組みで肝臓がんを感知
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.