アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2018年12月8日 (土)

    カテゴリ:

    抗がん剤 廃棄の現実

    国内で使わずに捨てられる抗がん剤は、年間738億円分にものぼるという。一度封が開けられると、必要な量を患者に使い、余った分は廃棄・・・・。厚生労働省は対策を取り始めたが、高額な薬も増えるなか、なぜそんなむだが起きているのか。抗がん剤の点滴薬や注射薬は、「バイアル」という瓶の単位で売られている製品が多い。身長や体重から求めた「体表面積」などに応じ、患者ごとに使う量が違う。このため、1本分の薬剤を1人の患者では使いきれず、余ることがある。いったん瓶を開けた状態での保存はメーカーが品質保証していない。余った分は捨てるのが原則だ。慶応大の岩本隆・特任教授(経営学)らは、国立がん研究センターなどと共同で抗がん剤の廃棄率を調べた。本庶祐さんのノーベル医学生理学賞の受賞決定で話題のオプジーボは、1回の平均使用量は115.97グラムで、平均廃棄量は9.98グラム。7.9%が捨てられていた。2016年7月~17年6月の1年間で換算すると、市場に出た1148億円のうち、90億7千万円が捨てられていたことになる。バイアルで売られている抗がん剤など全体では7566億円のうち、738億円(9.8%)が使われずに捨てられたという試算になった。オプジーボは臨床試験などの結果を踏まえ、今年8月から使用量が患者によらず同じ量に変り、廃棄はほぼなくなった。しかし、多くの抗がん剤では依然、むだがある。一方、米国など海外では、菌が入らないように閉鎖式の器具を瓶に取り付けた上で、複数の患者に使い分けるDVO(薬剤バイアルの最適化)と呼ばれる取り組みがされている。国内では余り普及していないが、和歌山県田辺市の紀南病院では、2010年から始めている。もともとは、薬剤師や看護師らの負担を減らす「働き方改革」がきっかけだった。ひとつは、薬剤師が調剤する際、抗がん剤を浴びる害を防ぐため、密閉性が高くなる閉鎖式の使い捨て器具を取り入れた。ふたつめは、看護師が対応しやすいように、曜日ごとにがんの種類を決めて患者に受診してもらうようになり、さらに同じ薬を使う患者にはなるべく近い時間に来てもらうようにしたという。「当院の場合、DVO自体に患者へのメリットは少ないが、スタッフの負担とストレスが減り、情報共有が進み、医療の質が向上する効果があった」と栗原稔男・薬剤部主任は話す。11月21日朝日新聞 医療 より

prev 早期「自覚症状なし」多い
早期「自覚症状なし」多い
ダビンチ next
ダビンチ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

抗がん剤 廃棄の現実

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

抗がん剤 廃棄の現実
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.