アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年1月8日 (水)

    カテゴリ:

    膵臓がん 多様な画像検査で診断を確定

    診断にはまず血液検査、腫瘍マーカー、腹部超音波検査などを行います。しかし、これらで膵臓がんと診断を確定するのは難しく、疑わしい場合やリスク因子を持たれている方は、造影CTや造影MRI、超音波内視鏡検査、内視鏡的逆行性膵胆管造影、超音波内視鏡ガイド下穿刺(細胞診、組織診)などの精密検査が必要になります。ただし、内視鏡的逆行性膵胆管造影検査は胃~十二指腸~膵臓まで細い管を挿入するなど体への負担が少なくありません。検査結果からステージを分類しますが、5年生存率は、ステージ0(非浸潤がん)はほぼ100%ですが、同Ⅰ(腫瘍の径2cm以下など)60%、同Ⅱ44%・・・と急激に低下。同Ⅰでも径1cm以下なら80%と高いのですが、1cm以下での発見は非常に難しいのが現状です。12月28日 朝日新聞 広告特集より

prev 自覚症状なく早期に転移しやすい「膵臓がん」
自覚症状なく早期に転移しやすい「膵臓がん」
すい臓がん 外科手術、化学療法など、状態に応じて適切な治療選択 next
すい臓がん 外科手術、化学療法など、状態に応じて適切な治療選択

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

膵臓がん 多様な画像検査で診断を確定

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

膵臓がん 多様な画像検査で診断を確定
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.