アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年1月11日 (土)

    カテゴリ:

    すい臓がん 外科手術、化学療法など、状態に応じて適切な治療選択

    治療法は進行度に応じて外科的切除、化学療法、放射線療法から検討されますが、現状で根治が期待できるのは外科的切除です。遠隔転移や膵周囲の主要脈管などへの浸潤がないと考えられる場合は手術切除しますが、手術できない例や手術後の再発例では化学療法を検討します。また遠隔転移がない場合は、化学療法と放射線治療の併用や、局所治療の選択肢の一つとして高線量が照射できる粒子線治療などもあります。いま治療法で注視されているのが「切除可能性分類」です。近年、抗がん剤など新薬の研究開発が急速に進んだこともあり、膵臓がんを<切除可能・切除可能境界・切除不能>の三つに分け、切除可能、切除可能境界領域のがんに対して外科手術と抗がん剤を手術前・手術後いかに組み合わせれば高い治療効果を得られるか、学会を挙げて研究や臨床試験に取り組んでいるところです。膵臓がんは現段階では早期発見が難しいだけに、糖尿病や肥満など自分でできることから予防に努めてください。そして定期健診などの血液検査に留意し、異常があれば早く専門医に受診してください。12月28日 朝日新聞 広告特集より

prev 膵臓がん 多様な画像検査で診断を確定
膵臓がん 多様な画像検査で診断を確定
触れられない乳がん検診めざして next
触れられない乳がん検診めざして

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

すい臓がん 外科手術、化学療法など、状態に応じて適切な治療選択

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

すい臓がん 外科手術、化学療法など、状態に応じて適切な治療選択
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.