アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

2018年11月の記事一覧

  • 放射線治療で副作用

    2018年11月29日

    カテゴリ:

    放射線治療で副作用

    2018年11月29日

    今年3月に進行した食道がんが見つかった横浜市泉区の女性(69)は、抗がん剤治療により、おなかのリンパ節に転移してできた6センチ超のがんが、5月下旬の検査では4センチ弱に小さくなっていた。一方で、食道がんが悪化し、食べ物が通りにくくなってきた…

    »続きを読む
  • 転移した先に薬効いた

    2018年11月28日

    カテゴリ:

    転移した先に薬効いた

    2018年11月28日

    今年3月、食道がんが見つかった横浜市泉区の女性(69)は、東京都内の病院に入院して精密検査を受けたところ、おなかのリンパ節に食道がんから転移した、6センチほどのがんが見つかった。今後、がんが食道をふさいで食べられなくなる恐れがあるため、おな…

    »続きを読む
  • 食事中突然 胸のつかえ

    2018年11月27日

    カテゴリ:

    食事中突然 胸のつかえ

    2018年11月27日

    いつもと変らない夕食のはずだった。今年3月、横浜市泉区の女性(69)は突然、胸がつまるような感じがして、食べられなくなった。「おかしいな」と思った。同じような症状が1週間に3回ほど続いた。「何かの病気ではないか」と不安になった。夫(72)に…

    »続きを読む
  • ホスピス医療

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    ホスピス医療

    2018年11月25日

    JR行橋駅近くの「ひと息の村」は、1階には訪問看護ステーションやヘルパーステーションなどが入り、11部屋あるアパートは2階。住民は300mほど離れた診療所から矢津医師(51)に診てもらうことができる。体と心の痛みを取り除くホスピス医療。法律…

    »続きを読む
  • 私だけではなかった

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    私だけではなかった

    2018年11月25日

    西富貴子さんのエッセー「生きてる・・・③」(西日本新聞1日付)を読み、私の気持ちを代弁していただいているように思いました。私も乳がん患者です。4月に抗がん剤治療が終わり、ホルモン剤を飲んでいます。主治医の説明によると5~10年は続けることに…

    »続きを読む
  • 被爆者のがん組織 蓄積

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    被爆者のがん組織 蓄積

    2018年11月25日

    長崎大学の原爆後遺障害医療研究施設(原研)は、がんなどの手術で被爆者から摘出した組織を冷凍保存し、被爆情報とともにデータベース化する「被爆者腫瘍組織バンク」の設立を決めた。2012年をめどに、インターネットで世界の研究者に公開する方針。集め…

    »続きを読む
  • 患者と家族のために

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    患者と家族のために

    2018年11月25日

    乳がんの手術を受け、先週退院しました。24年前に同居していた伯母を膀胱がんで、14年前にたった一人の家族だった母を卵巣がんで見送っていたので、頭の血がスーっと引いていくようでした。母は最期の1カ月をホスピスで過ごしました。担当の先生が「あな…

    »続きを読む
  • 在宅ホスピス

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    在宅ホスピス

    2018年11月25日

    「在宅ホスピスのすすめ」など緩和ケアに関する本を出版している木星舎の古野たづ子さんが、自身でも看取りを経験された。90歳で亡くなったお父様は、前立腺がんが4年前に見つかったとき、既に骨にも転移していたが、ホルモン療法と疼痛を抑える薬によって…

    »続きを読む
  • オマエはオマエだろ

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    オマエはオマエだろ

    2018年11月25日

    タキソテールに替わってからは吐き気は落ち着いたものの、体中の痛み、味覚は麻痺し、爪が黒く変色した。手足はしびれ、皮膚が薄くなったようにヒリヒリして熱いカップなど全く持てなかった。治療を開始して2週間ほどで脱毛が始まり、一日で正確に言うと一時…

    »続きを読む
  • 化学療法

    2018年11月25日

    カテゴリ:

    化学療法

    2018年11月25日

    乳がんの告知を受けた私が「ああ、わたしってほんとうにがんなんだ」と実感したのは、手術後の化学療法が始まってからだった。手術より何より、化学療法を受けることがショックで、怖かった。体に毒を入れる感覚、体がどうにかなってしまうのではないかという…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

放射線治療で副作用

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

放射線治療で副作用
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.