アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ブログ記事一覧-5ページ目

  • 「自分の意識が生を決めている」は錯覚

    2019年3月3日

    カテゴリ:

    「自分の意識が生を決めている」は錯覚

    2019年3月3日

    <中咽頭がんを経験 坂本龍一さんインタビュー> 病気になる前の12年、宮城県名取市の農業高校で津波をかぶり、調律しないままのピアノと出会ったのです。この「津波ピアノ」の音は、病を経て、僕にはより心地よく感じられるようになりました。人間は調律…

    »続きを読む
  • 痛みに耐えきれず おお泣きしたことも

    2019年3月2日

    カテゴリ:

    痛みに耐えきれず おお泣きしたことも

    2019年3月2日

    <中咽頭がんを経験 坂本龍一さんインタビュー> 2014年6月、62歳のとき、のどに違和感を覚え、受診すると中咽頭がんだと診断されました。ステージはⅡとⅢの間。「まさか」でした。生まれて初めて死を意識しました。そもそも、近代医学が発展したの…

    »続きを読む
  • 術後の食 制限はないが

    2019年3月1日

    カテゴリ:

    術後の食 制限はないが

    2019年3月1日

    大腸がんの手術後、とくに気になるのが食事だろう。患者の食生活サポートに取り組む「がん研有明病院」(東京都江東区)の管理栄養士、中屋恵梨香さん(32)も「何を食べればいいですか?」という質問をよく受ける。「何を食べても大丈夫」というのが基本だ…

    »続きを読む
  • おいしく優しいレシピを

    2019年2月28日

    カテゴリ:

    おいしく優しいレシピを

    2019年2月28日

    料理研究家の重野佐和子さん(57)は大腸がんの切除後、再発防止を優先して、おいしい料理や甘い菓子をがまんしていた。「でも本当は両立できるはず。おいしくて身体に優しいレシピを自分が生み出そう」。そう思い定め、新しい道を見つけた。試行錯誤を重ね…

    »続きを読む
  • 襲った腸閉塞の激痛

    2019年2月27日

    カテゴリ:

    襲った腸閉塞の激痛

    2019年2月27日

    大腸がんを2001年1月に切除した横浜市の料理研究家、重野佐和子さん(57)は退院した後、無理のない食事を心がけていた。ところが4カ月が経過して安心しかけたころ、気が緩んで、冷やしたうどんを少し急いで食べた直後に、激しい腹痛に襲われた。大腸…

    »続きを読む
  • 1カ月の検査後 開腹手術

    2019年2月26日

    カテゴリ:

    1カ月の検査後 開腹手術

    2019年2月26日

    横浜市の料理研究家、重野佐和子さん(57)が体調を崩し、東京・築地の国立がん研究センター中央病院で詳しい検査を受け始めたのは2000年12月だった。血液検査やCT,大腸造影検査など、1カ月かけてさまざまな検査をした。ポリープが見つかった大腸…

    »続きを読む
  • 下血・ポリープ 募る不安

    2019年2月24日

    カテゴリ:

    下血・ポリープ 募る不安

    2019年2月24日

    子どもの頃から「おいしいもの」が大好きだった。横浜市で生まれ育った重野佐和子さん(57)は、グルメだった祖父と食べ歩きを楽しむうちに、いつしか「料理が天職」と感じていた。短大の栄養科を卒業後、著名な料理研究家の助手を経て、27歳でフランスに…

    »続きを読む
  • 化学療法決める際にも

    2019年2月23日

    カテゴリ:

    化学療法決める際にも

    2019年2月23日

    ゲノム医療で期待されているのは、がん細胞の遺伝子を網羅的に検査して、効果がありそうな「分子標的薬」を見つけることだ。遺伝子を調べると、どんな抗がん剤を使ったらいいかがわかる可能性もある。がん細胞に特徴的な分身を狙って攻撃する分子標的薬と違い…

    »続きを読む
  • 治療中の収入支える

    2019年2月20日

    カテゴリ:

    治療中の収入支える

    2019年2月20日

    化粧品大手ポーラ(東京都)は昨年7月から、約4万5千人の委託販売員に対して支援を始めた。仮にがん治療で店に立てなくなった、治療で販売成績が落ちたといった場合でも、申請から最長2年間、販売員の報酬に関わるクラスを維持したり、がんになる前の売上…

    »続きを読む
  • 安心できる職場めざして2

    2019年2月18日

    カテゴリ:

    安心できる職場めざして2

    2019年2月18日

    一方、「私を反面教師に」と語ったのは2013年夏、乳がんが判明した女性社員(48)だ。当時は課長代理で、3人の育児に母親の介護が重なっていた。短期入院で手術し、2カ月後に復職して家事も頑張ろうと計画したが、破綻した。がんの増殖を抑えるのに一…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「自分の意識が生を決めている」は錯覚

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「自分の意識が生を決めている」は錯覚
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.