アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月26日 (火)

    カテゴリ:

    1カ月の検査後 開腹手術

    横浜市の料理研究家、重野佐和子さん(57)が体調を崩し、東京・築地の国立がん研究センター中央病院で詳しい検査を受け始めたのは2000年12月だった。血液検査やCT,大腸造影検査など、1カ月かけてさまざまな検査をした。ポリープが見つかった大腸だけでなく、肺や肝臓なども調べた。「転移がないかのチェックだったのでしょう」と重野さん。翌1月、大腸外科医長だった赤須孝之さん(62)から「明らかにがんです。開腹手術になります」と説明された。覚悟していたが、「やっぱり」と思った。ほかの臓器には転移が見られないことが、重野さんには唯一の救いと感じられた。手術日は1月16日と決まった。「がんは直径3.5センチで、位置は肛門から15センチくらい。S状結腸と直腸の境にある直腸S状部にあった」と赤須さんは振り返る。進行がんで、粘膜やその下の筋肉層より深くの「蔣幕下層」という部分まで達し、リンパ節転移もあった。内視鏡では切除できず、開腹手術となった。がんの前後を計15センチ切除した。「食べ物が悪かったのでしょうか」と重野さんは尋ねた。おなかを壊しやすいのでヨーグルトをよく食べるなど、食生活には注意してきたつもりだった。赤須さんはこう説明した。「これを食べれば大腸がんにならない、という食べ物はありません。医学が進歩すれば、がんになった原因が解明されるかもしれませんけど」。2週間の入院を経て、重野さんは退院した。痛みがなかなか消えず、体力もひどく落ちて苦しかった。「がんは手術後が大変とは聞いていたけど、こんなにつらいとは」。」傷を治して元気を取り戻そうと、退院後の2~3カ月はしっかり食べた。おかゆやスープ、水ギョーザなど、温かくてやわらかい食事を工夫した。4月になると料理教室を再開した。だが翌月のある日、買い物に出ると、電車や店にエアコンが利いており、体が冷えた。帰宅して暖を取ると気分が良くなり、つい気が緩んで、冷やした稲庭うどんを流し込んだ。「冷たいものを急に入れたのが、よくなかったのでしょう」。間もなく激しい腹痛に襲われた。2月19日 朝日新聞 患者を生きる 大腸がん より

prev 下血・ポリープ 募る不安
下血・ポリープ 募る不安
襲った腸閉塞の激痛 next
襲った腸閉塞の激痛

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

1カ月の検査後 開腹手術

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

1カ月の検査後 開腹手術
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.