アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月27日 (水)

    カテゴリ:

    襲った腸閉塞の激痛

    大腸がんを2001年1月に切除した横浜市の料理研究家、重野佐和子さん(57)は退院した後、無理のない食事を心がけていた。ところが4カ月が経過して安心しかけたころ、気が緩んで、冷やしたうどんを少し急いで食べた直後に、激しい腹痛に襲われた。大腸がん手術の代表的な後遺症である腸閉塞だった。「想像を絶する激痛で、死んでしまうかと思ったほど」と重野さんは振り返る。腸閉塞は、手術によって働きが弱まったり細くなったりした腸に、食べ物が詰まって流れなくなる状態だ。同5月、大腸がんの切除手術を受けた東京・築地の国立がん研究センター中央病院に再入院した。院内で歩行運動をしたいのに、おなかが固くて動けなかった。気分が悪い日が続いた。退院後、料理教室を再び休止した。自分のペースで働けるだろうと考えて、雑誌の記事執筆などに仕事の重心を移すつまりでいたが、すべて取りやめた。「しばらくはリハビリが第一と考えた」。毎日、しっかり運動して、食欲も高めようと決めた。手術後に飼い始めた愛犬との散歩を、日課にした。大好きだった濃厚なスイーツはバターなどの油脂分が多く、消化液の到達を妨げて腸の負担となるため、きっぱり絶った。だがストレスがたまるのを感じた。そんなある日、親しい友人から、結婚式の菓子づくりを頼まれた。「自分はもう、体に合わないから食べられないけど、みんなが喜んでくれるならうれしい」。バターをたっぷり使ったフルーツケーキを焼き上げた。一口、味見した。懐かしいおいしさが口の中に広がる。涙があふれた。これこそ自分にとって本当の元気の源なのに、「料理研究家の自分が、自分の料理を食べられないなんて、おかしい」。思いが一気に膨らんだ。病後の身体にも優しい菓子をつくろう。健康だけに縛られず、おいしさをしっかり追い求めよう。自分はそのその専門家になろうと心に決めた。「食べたいのに、食べられない。同じ苦しみを抱える人が大勢いるはずだ」。そんな仲間の力になりたい。新しく進む道が見つかった。2月20日 朝日新聞 患者を生きる 大腸がん より

prev 1カ月の検査後 開腹手術
1カ月の検査後 開腹手術
おいしく優しいレシピを next
おいしく優しいレシピを

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

襲った腸閉塞の激痛

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

襲った腸閉塞の激痛
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.