アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2021年2月10日 (水)

    カテゴリ:

    AI 早期の大腸がん見つける

    国立がん研究センターは、人工知能(AI)を使って大腸の内視鏡画像から早期の大腸がんやがんの手前の段階のポリープを見つけることに成功し、医療機器として承認されたと発表した。25万枚の画像を使った学習で、熟練医なみの実力を備えたという。国がんによると、大腸がんになりうるポリープの発見率が1%上がれば、命にかかわる大腸がんが5%減る。医師の技術のばらつきによる見逃しを減らそうと、NECと共同で、AIを使うソフトウェアの開発を進めてきた。有効性を検証したところ、判断しやすいタイプの病変は95%を正しく検出し、熟練医と同等レベルに達していた。判断しにくいタイプの病変でも78%を検出した。国がんの山田真善医師は「人間が認識しにくいタイプの画像をさらに学習させて精度を高めたい」と話す。国がんではほかに、胃がんなどでAIを使った診断補助の開発を進めている。2月3日 朝日新聞 医療より

prev 家庭内の受動喫煙が心配
家庭内の受動喫煙が心配
コロナ禍 遅れるがん発見 next
コロナ禍 遅れるがん発見

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

AI 早期の大腸がん見つける

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

AI 早期の大腸がん見つける
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.