アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

2019年2月の記事一覧

  • おいしく優しいレシピを

    2019年2月28日

    カテゴリ:

    おいしく優しいレシピを

    2019年2月28日

    料理研究家の重野佐和子さん(57)は大腸がんの切除後、再発防止を優先して、おいしい料理や甘い菓子をがまんしていた。「でも本当は両立できるはず。おいしくて身体に優しいレシピを自分が生み出そう」。そう思い定め、新しい道を見つけた。試行錯誤を重ね…

    »続きを読む
  • 襲った腸閉塞の激痛

    2019年2月27日

    カテゴリ:

    襲った腸閉塞の激痛

    2019年2月27日

    大腸がんを2001年1月に切除した横浜市の料理研究家、重野佐和子さん(57)は退院した後、無理のない食事を心がけていた。ところが4カ月が経過して安心しかけたころ、気が緩んで、冷やしたうどんを少し急いで食べた直後に、激しい腹痛に襲われた。大腸…

    »続きを読む
  • 1カ月の検査後 開腹手術

    2019年2月26日

    カテゴリ:

    1カ月の検査後 開腹手術

    2019年2月26日

    横浜市の料理研究家、重野佐和子さん(57)が体調を崩し、東京・築地の国立がん研究センター中央病院で詳しい検査を受け始めたのは2000年12月だった。血液検査やCT,大腸造影検査など、1カ月かけてさまざまな検査をした。ポリープが見つかった大腸…

    »続きを読む
  • 下血・ポリープ 募る不安

    2019年2月24日

    カテゴリ:

    下血・ポリープ 募る不安

    2019年2月24日

    子どもの頃から「おいしいもの」が大好きだった。横浜市で生まれ育った重野佐和子さん(57)は、グルメだった祖父と食べ歩きを楽しむうちに、いつしか「料理が天職」と感じていた。短大の栄養科を卒業後、著名な料理研究家の助手を経て、27歳でフランスに…

    »続きを読む
  • 化学療法決める際にも

    2019年2月23日

    カテゴリ:

    化学療法決める際にも

    2019年2月23日

    ゲノム医療で期待されているのは、がん細胞の遺伝子を網羅的に検査して、効果がありそうな「分子標的薬」を見つけることだ。遺伝子を調べると、どんな抗がん剤を使ったらいいかがわかる可能性もある。がん細胞に特徴的な分身を狙って攻撃する分子標的薬と違い…

    »続きを読む
  • 治療中の収入支える

    2019年2月20日

    カテゴリ:

    治療中の収入支える

    2019年2月20日

    化粧品大手ポーラ(東京都)は昨年7月から、約4万5千人の委託販売員に対して支援を始めた。仮にがん治療で店に立てなくなった、治療で販売成績が落ちたといった場合でも、申請から最長2年間、販売員の報酬に関わるクラスを維持したり、がんになる前の売上…

    »続きを読む
  • 安心できる職場めざして2

    2019年2月18日

    カテゴリ:

    安心できる職場めざして2

    2019年2月18日

    一方、「私を反面教師に」と語ったのは2013年夏、乳がんが判明した女性社員(48)だ。当時は課長代理で、3人の育児に母親の介護が重なっていた。短期入院で手術し、2カ月後に復職して家事も頑張ろうと計画したが、破綻した。がんの増殖を抑えるのに一…

    »続きを読む
  • がん 安心できる職場めざして

    2019年2月17日

    カテゴリ:

    がん 安心できる職場めざして

    2019年2月17日

    がんを経験した社員らが働きやすいよう支援に取り組む企業が増えている。社員同士でコミュニティーを作って活動したり、契約スタッフの報酬を一定期間保障したり。入院から通院が主流になる中で先進的な会社を訪れた。<経験を語る場 生まれた新制度> アフ…

    »続きを読む
  • 小児がん 国が実態調査2

    2019年2月15日

    カテゴリ:

    小児がん 国が実態調査2

    2019年2月15日

    小児がんへの対応は、12年度からの「第2期がん対策推進基本計画」に盛り込まれ、全国15カ所に拠点病院が整備された。ただ、患者数が少ないこともあり、対策の遅れが指摘される。第3期基本計画では15歳以上のAYA(Adolscent and Yo…

    »続きを読む
  • 小児がん 国が実態調査 治療の影響・経済的負担など

    2019年2月14日

    カテゴリ:

    小児がん 国が実態調査 治療の影響・経済的負担など

    2019年2月14日

    小児がん患者の治療や生活の現状を把握するため、厚生労働省は実態調査にのりだす。国としての調査は初。病名を知らされていない患者もいるため、家族らに治療の影響や経済的負担を聞く。国のがん対策に反映し、よりよい支援策をはかるという。厚労省によると…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

おいしく優しいレシピを

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

おいしく優しいレシピを
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.