アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

2019年2月の記事一覧-2ページ目

  • 院内「登校」強く歩む

    2019年2月11日

    カテゴリ:

    院内「登校」強く歩む

    2019年2月11日

    松葉杖をつき、バンダナをした小学6年生の男の子が渡り廊下を行く。7日朝、聖路加国際病院(東京)の本館と旧館の2階を結ぶ連絡通路。ここは、子どもたちが毎日、特別支援学校の訪問教育の教員にエスコートされ、小児病棟と学習室を往復する「通学路」でも…

    »続きを読む
  • 手術痕 家族の勲章

    2019年2月11日

    カテゴリ:

    手術痕 家族の勲章

    2019年2月11日

    「ホウレンソウを食べてマッチョになりたい」。広島市内の自宅で1月、坂井家の四女、愛和ちゃん(3)がそう言うと、食卓のみんなが笑った。次女の彗和さん(9)も、母の摩耶さん(41)の隣で笑いながら、ご飯をかきこんだ。坂井家では当たり前の、家族そ…

    »続きを読む
  • 院内学級でも毎日学びたい

    2019年2月10日

    カテゴリ:

    院内学級でも毎日学びたい

    2019年2月10日

    冬晴れの空に黒いフィルムの遮光板をかざす。小学3年の小佐野諒さん(9)が「太陽は本当に丸いんだね。緑っぽい」と声をあげた。東京・築地の国立がん研究センター中央病院。小児病棟にある院内学級、都立墨東特別支援学校「いるか分教室」では、小学部から…

    »続きを読む
  • 次の外泊 心待ちに

    2019年2月9日

    カテゴリ:

    次の外泊 心待ちに

    2019年2月9日

    「また来るね」。病室を出る古城和也さん(45)を、娘の琴音ちゃん(2)が見つめた。1月末、長崎大学病院の小児病棟。仕事が休みがちだった前日から付き添い、午後に妻の夕恵さん(38)と交代した。急性リンパ性白血病で昨年12月10日に入院して1カ…

    »続きを読む
  • 制度と風土 改善これから

    2019年2月9日

    カテゴリ:

    制度と風土 改善これから

    2019年2月9日

    「がんの社員が働き続けられるようにしよう」と動き出した企業の姿が調査から見えた。だが十分とはいえない実態も分かった。さらに対象は主要企業で、紹介したのはかなり進んだ事例だ。取り組みが中小を含めた日本の企業全体に広がってほしい。先進的な企業は…

    »続きを読む
  • 「治療専念」から「両立」時代へ

    2019年2月8日

    カテゴリ:

    「治療専念」から「両立」時代へ

    2019年2月8日

    がんと診断される人は年間約100万人いて、高齢化に伴い増加傾向だ。16年の厚生労働省の調査では、仕事をしながら通院するがん患者は、約36万5千人に上る。国立がん研究センターが15年に実施した約6700人への患者調査によると、診断時に仕事をし…

    »続きを読む
  • 「病は普通のこと」各部署が支援

    2019年2月7日

    カテゴリ:

    「病は普通のこと」各部署が支援

    2019年2月7日

    様々な立場の人が連携することで、きめ細かな支援が可能になる。花王は、病気などのため休職した社員が復職を希望した場合、その社員よ上司、産業医が復職の時期などを検討する会議を開く。昨秋、子宮頸がんの手術をし放射線治療を控える40代の女性が「すぐ…

    »続きを読む
  • 「仕事も治療も」安心できる制度は

    2019年2月6日

    カテゴリ:

    「仕事も治療も」安心できる制度は

    2019年2月6日

    日本生命保険に勤める40代の男性は3年前の冬、血液がんが再発。入院や、免疫低下に伴う感染を防ぐための自宅療養をして計7カ月ほど、仕事を休んだ。副作用の強い治療を受ける中、「生きがいだった仕事に早く戻りたいという思いが生きる希望になった」とい…

    »続きを読む
  • がん治療と仕事の両立 支援道半ば

    2019年2月5日

    カテゴリ:

    がん治療と仕事の両立 支援道半ば

    2019年2月5日

    がん治療と仕事の両立について、朝日新聞社が全国主要100社に聞いたところ、回答した74社のうち61社は自社の支援制度が整っていると考えていると答えた。治療の中心が入院から通院に変化する中、整っていると回答した企業でも、治療に通いやすい柔軟な…

    »続きを読む
  • 標的は「運転手遺伝子」

    2019年2月4日

    カテゴリ:

    標的は「運転手遺伝子」

    2019年2月4日

    がんの治療薬は、細胞を暴走させる「運転手」を標的にしている。なぜか。がんは、遺伝子変異の積み重ねで発生する。その引き金になるのが「ドライバー(運転手)遺伝子」だ。このドライバー遺伝子に変異が生じると、細胞が異常な分裂を始める。分裂が頻繁に起…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

院内「登校」強く歩む

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

院内「登校」強く歩む
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.