アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年1月26日 (日)

    カテゴリ:

    「キムリア」期待と課題と

    3千万円を超す、高額の薬価が話題になった、がん治療薬・CAR-T細胞療法の製剤「キムリア」。昨年、公的医療保険が適用された。従来の治療が効かなくなった患者への新たな治療法として期待されるが、どのような効果や副作用があるのか。受けられる患者数が限られるといった課題も見えてきた。長崎県の男性会社員(60)は、公的医療保険が適用される前の2018年2月、ノバルティス社が治療効果を確認するためにしていた臨床試験(治験)の一環として、九州大学病院でキムリアの治療を受けた。地元の病院で、16年11月に悪性リンパ腫の一種と診断され抗がん剤治療を半年続けた。通常の6倍量の抗がん剤も使った後に、自分の血液から採取した血液から血液の元になる細胞を体内に戻す「造血幹細胞移植」も受けた。放射線治療は25回。それでも、がん細胞は消えなかった。キムリアの治験を知り、17年10月、九州大病院を受診。加藤光次・診療准教授(血液内科)から「承認前で効果は不明。効いても、重い副作用が出る可能性もあります」と言われたが迷わず参加を希望した。キムリアは、手術や抗がん剤、放射線に続く「第4のがん治療法」と言われる免疫療法の一つ。患者の免疫力を利用して、がん細胞をやっつける。
    1月25日 朝日新聞 がん新時代より

prev 男性がん患者へ「見た目」ケアの本
男性がん患者へ「見た目」ケアの本
姉は卵巣がん 私は乳がん なぜ next
姉は卵巣がん 私は乳がん なぜ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「キムリア」期待と課題と

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「キムリア」期待と課題と
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.