アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年3月2日 (月)

    カテゴリ:

    がん細胞 中から放射線治療 新年度に保険適用に

    がん細胞の中で核反応を起こして細胞を壊す、新たな放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の装置の製造販売が19日、厚生労働省の部会で了承された。手術や従来の放射線治療が難しかった頭頚部のがん患者の選択肢が増えると期待されている。BNCTに必要な薬剤も26日に同省の部会で承認が議論される。対象は手術で取ることができず、転移していない耳下腺がんなどの頭頚部がん。機器は3月中に承認され、新年度に保険が適用される見通し。増殖の激しいがん細胞に集まるよう、アミノ酸につけたホウ素の薬剤を患者に点滴。がん細胞に取り込まれたところで、外から弱い中性子を当てると、ホウ素が細胞の中で核反応を起こし、発生する放射線(粒子線)が、がん細胞のDNAを壊す。放射線は、細胞一つ分の距離しか飛ばないため、ホウ素が取り込まれたがん細胞をピンポイントで壊すことができるという。治療できるのは、皮膚から深さ6センチ以内のがん。照射は1回で済む。再発するなど治療の難しい頭頚部がんの21人による治験では、治療90日後にがんが消えたり小さくなっていたりする「奏功率」は71%と報告されている。副作用は、照射した場所の脱毛や粘膜炎などがみられた。国立がん研究センター中央病院放射線治療科の伊丹純科長は「BNCTは日本発の技術。副作用も少なく患者の生活の質を保ちながら治療ができる」と話している。2月20日 朝日新聞より

prev 小児がんの主な晩期合併症・小児がん拠点病院
小児がんの主な晩期合併症・小児がん拠点病院
胸焼けで検査「これは・・・」 next
胸焼けで検査「これは・・・」

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん細胞 中から放射線治療 新年度に保険適用に

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん細胞 中から放射線治療 新年度に保険適用に
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.