アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年3月9日 (月)

    カテゴリ:

    従来の治療効かず試し「寛解」

    キムリアは、手術や抗がん剤、放射線に続く「第4のがん治療法」と言われる免疫療法の一つ。患者の免疫力を利用して、がん細胞をやっつける。患者から免疫細胞(T細胞)を含む白血球を採取し、米国にあるノバ社の製造工場に送る。そこで患者のT細胞に、がん細胞を攻撃するよう、遺伝子操作し、日本の病院に送り、体内に戻す。対象は、急性白血病の一種「B細胞性急性リンパ性白血病(25歳以下)」と、悪性リンパ腫の一種「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の2種類。男性は18年2月にキムリアを体内に入れる治療を受けた。約1カ月後の退院まで、体調に大きな変化はなかった。無菌室で数週間過ごした造血幹細胞移植に比べ、「キムリアは楽でした」と振り返る。3カ月後に加藤さんから「がん細胞が見つからない『寛解』です」と言われた。1年半ぶりに職場に復帰した。重い副作用はなかったが、「低ガンマグロブリン血症」になった。ウイルスや細菌などの外敵から体を守るのに重要なたんぱく質グロブリンG(IgC)が減る。キムリアが体内で増え続け、健康なB細胞も攻撃するために起き、感染症になりやすい状態だ。今も2カ月に一度、グロブリン製剤を注射している。「心配がないわけではないが、2年前の選択肢がほぼない状態を思えば、キムリアを受けてよかった」。キムリア治療に公的保険が適用されたのは昨年5月で、実際に患者から免疫細胞の採取が始まったのは9月末。現在、全国の10施設が治療を実施する。九大病院では10月に初めて免疫細胞が採取された。1月25日 朝日新聞 がん新時代より

prev 小さめの傷で済む手術も
小さめの傷で済む手術も
重い副作用 再発のリスクも next
重い副作用 再発のリスクも

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

従来の治療効かず試し「寛解」

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

従来の治療効かず試し「寛解」
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.