アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年3月12日 (木)

    カテゴリ:

    重い副作用 再発のリスクも

    男性のような人もいるが、重い副作用の出る人のほうが多い。とくに注意が必要なのが、呼吸困難や出血の恐れがある「サイトカイン放出症候群」だ。キムリアによって免疫の働きが活発になると、大量に免疫細胞からサイトカインが出て、正常な細胞を傷める。日本を含めた複数の国で実施された治験でサイトカイン放出症候群の発生割合は、小児患者が多い白血病で8割(うち、重篤なもの5割)、成人患者の多い悪性リンパ腫では6割(同2割)だった。幻覚や妄想、意識障害などの神経症状や脳症が起きることもある。腫瘍が急速に死滅して壊れた細胞の成分が血液中に出ることで、血液成分のバランスが崩れて腎不全などの重い症状が起きる「腫瘍崩壊症候群」も発生することがある。これらの副作用は投与から約3週間以内に起こる。わかっていない点も多い。急性白血病では8割、悪性リンパ腫では5割が、キムリアを使うといったん寛解状態になる。しかし、そのうち2~4割程度の患者は1年以内に再発する。「再発後に、どんな治療が有効なのか。調べなければならない点はたくさんある」と平松英文・京都大講師(小児科)は指摘する。CAR-T細胞は、キムリア以外でも国内外で多数、開発中だ。「効果的に実施するためにも、キムリア治療後の経緯をきちんとフォローしていく必要がある」と平松さんは言う。1月25日 朝日新聞 がん新時代より

prev 従来の治療効かず試し「寛解」
従来の治療効かず試し「寛解」
製造や態勢に限度 患者の選定苦心 next
製造や態勢に限度 患者の選定苦心

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

重い副作用 再発のリスクも

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

重い副作用 再発のリスクも
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.