アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年4月30日 (木)

    カテゴリ:

    がん診断技術が向上 負担小さい手術法

    調査を始めた1993~96年に診断された患者の生存率と進行度別で比較すると、がんが発生した臓器から周辺のリンパ節や接している器などに転移している「中期」では14.9ポイントと顕著に向上。特に、前立腺の中期で28.2ポイント増の99.2%だった。がんが発生した臓器だけにとどまる「早期」では、肝臓と肝内胆管で21.3ポイント増の51.6%、肺も17.7ポイント増の83.5%だった。同センターの松田智大・全国がん登録室長は「診断技術が向上し、より早くがんが見つけられるようになった。患者により合った治療法の選択肢が出てきたり、負担が小さい手術法が開発されたり、ピンポイントで放射線治療ができるようになったりと、様々な要因の積み重ねで徐々に上がってきている」と話す。「がん情報サービス」のサイト(http://clk.nxlk.jp/UPBcBHGY) で報告書を見ることができる。4月15日 朝日新聞

prev がん5年生存率 4年で2ポイント上昇
がん5年生存率 4年で2ポイント上昇
膵がん 新たな画像診断法開発 next
膵がん 新たな画像診断法開発

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん診断技術が向上 負担小さい手術法

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん診断技術が向上 負担小さい手術法
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.