アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2018年11月24日 (土)

    カテゴリ:

    「見えない障害」支援に厚み

    交通事故や脳卒中などで脳が傷つき、記憶力や注意力が低下する「高次脳機能障害」の人を支援する拠点機関が、この1年間で広がりを見せている。「見えない障害」と言われ、支援の遅れが指摘されていた。この機関は昨年1月1日時点では26都道府県37箇所だったが、今年3月1日時点で41都道府県54箇所にまで増えた。高次脳機能障害の人は全国に30万人程度とされている。(朝日新聞)DATE: 03/21/2009 11:02:46 AM

prev 「生存率」 数字うのみ危険
「生存率」 数字うのみ危険
子宮頸がん患者 20代~30代増える next
子宮頸がん患者 20代~30代増える

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「見えない障害」支援に厚み

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「見えない障害」支援に厚み
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.