アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年5月17日 (金)

    カテゴリ:

    水分多いメニュー工夫

    乳がんの抗がん剤治療を受けるため、埼玉県の女性(62)は3週間に1度、東京都内の病院を受診する。昨年秋、最初に薬を塗ったときはひどい口内炎の副作用に悩まされたが、だいぶ改善された。日頃の口腔ケアの指導を受けたことや、抗がん剤の量を調整したおかげだった。副作用の症状がなくなったわけではない。抗がん剤治療から2~3日後に体のだるさがピークになり、その後、口内炎ができ始める。塩気を強く感じ、甘味を感じにくくなる。だからこそ、食事の工夫は欠かせない。冬には、一度に栄養をとれる「ミネストローネ」や「ほうとう」などをよく作った。副作用で口の中が乾きやすく、水分が多い食材のほうが食べやすい。よく使う豆腐は、冷蔵庫に5パックほど保存しておくこともある。焼き魚より煮魚が好きになり、鶏肉より豚肉や牛肉のほうが食べやすいと感じるようになった。辛い食べ物など、刺激の強いものは食べられなくなった。食欲がないときは、イチゴやスイカ、大好きなメロンなどのフルーツを食べてしのぐ。治療から2週間ほどたてば、副作用はあさまる。そこから次の抗がん剤治療が始まる1週間は「楽しむ時期」と決めている。今年2月、友人と2人で河津桜を見に伊豆に出かけた。雨だったが満開で、しっとりとした色鮮やかな桜を楽しんだ。昼食には地元名産のキンメダイの煮つけを食べて、「大満足」だった。外出する際には、歯ブラシと刺激の少ない歯磨き粉、うがいのための折りたためるコップを入れた「歯磨きセット」を欠かさない。「もうこれで大丈夫ですね。歯科は卒業です」。口内炎の副作用に対処するために作った系6回通った歯科は今年1月、受診を終えた。正しい歯磨きの方法を指導され、最後の診察では磨き残しを指摘されなくなった。いまでも歯磨きは、1回に20分以上かける。家族からは「まだ歯を磨いてるの」と言われる。そんな時は、「口の中に命をかけているからね」と冗談まじりに応じる。食べられなくなるほどの口内炎の痛みを経て、「食べられる幸せ」を実感している。5月16日 朝日新聞 患者を生きる がんと口内炎より

prev ケア続け やっと普通食
ケア続け やっと普通食
事前のケアで副作用軽減 next
事前のケアで副作用軽減

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

水分多いメニュー工夫

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

水分多いメニュー工夫
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.