アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月23日 (水)

    カテゴリ:

    年とるほど増える偶発症

    「検診を重点的に推奨する年齢を示すべきでは」「年齢を重ねると、検診に伴う偶発症の発生率が高まる。受診しろと言ってきたがブレーキをかけることもしないといけない」。市区町村が実施する、がん検診の方針を決める国の指針について話し合う厚生労働省の昨年夏の検討会。現在、胃は50歳以上、大腸、肺は40歳以上などを対象とし、上限の年齢は決まっていないが、不利益を踏まえて決めたほうがよいとする意見が出された。がん検診は、早期発見・早期治療により死亡率を下げたり、「異常なし」とされたときに安心を得られたりする利益がある。一方、不利益もある。中でも高齢者になると増えるのが偶発症だ。胃がんのX線検査ではバリウムによる誤嚥や腸閉塞、腸に穴があく、検診台からの転倒などがある。日本消化器がん検診学会が2015年度、全国の375施設約500万件分の胃がん検査での偶発症の件数を調べた。バリウムの誤嚥は80歳以上では10万件あたり100件と、50代と比べて10倍以上多かった。腸に穴があいたケースでは80歳以上ではなかったが、10万件あたり65~69歳で0.16件、70~74歳0.26件、75~79歳0.44件と年齢が上がると多くなっていた。学会の09年度の調査では、腸に穴があく偶発症が起きた6人のうち、半数が75歳以上で、いずれも人工肛門を付けるなどの手術を受けていた。内視鏡検査でも、胃や食道の出血や穴があく、検査前の鎮静剤で呼吸が抑制されることがある。大腸がん検査では、精密検査の大腸内視鏡が当たったり、内視鏡を入れる前に下剤を飲んで腸に穴があいたりするなどのリスクが若い人の比べて高いという。1月19日 朝日新聞 がん新時代 より

prev がん検診 不利益も知って
がん検診 不利益も知って
がん検診 不利益も知って 2 next
がん検診 不利益も知って 2

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

年とるほど増える偶発症

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

年とるほど増える偶発症
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.