アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月24日 (木)

    カテゴリ:

    がん検診 不利益も知って 2

    学会理事長の渋谷大助・宮城県対がん協会がん検診センター長は「高齢になったら自分の体調や体力を踏まえ、医師と相談して検診を受けてほしい」と話す。ほかにも不利益はある。がんの進行速度はがん細胞の性質により大きく違う。がん細胞が発生してから検診で見つかる大きさになるまでの期間が長いものもあれば、年に1回や2年に1回など一定の間隔をあけて行う検診の間にがんが発生し、症状が出るほど急に進行するものもある。進行速度がゆっくりしたがんは、急に進行するがんに比べて、検診で見つかりやすい。ただしその中には、一生のうちにがんの症状が出ないかもしれないものも含まれているという。滋賀医大放射線医学講座の村田喜代史教授は「進行するがんだとはっきり分かるものもあれば、進行するかどうか分からないものもある。過剰診断をゼロにすることはできない」と話す。また「がんかもしれない」という不安にさいなまれるという不利益につながる可能性もある。1月19日 朝日新聞 がん新時代 より

prev 年とるほど増える偶発症
年とるほど増える偶発症
がん検診 対象年齢 上限設ける自治体も next
がん検診 対象年齢 上限設ける自治体も

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん検診 不利益も知って 2

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん検診 不利益も知って 2
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.