アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月25日 (金)

    カテゴリ:

    がん検診 対象年齢 上限設ける自治体も

    検診の効果や不利益についての研究結果や専門家の意見を元に、推奨年齢に上限を設けている国がある。大腸がんだと英国は74歳、米国は75歳などだ。国内でも、独自に年齢の上限を設けている自治体がある。長野県伊那市は、14年度からバリウムによる便秘や腸閉塞などのリスクが高まることから、胃がん検診のX線検査の対象を79歳までとした。当初は「なぜ受けられないのか」と市民から問い合せも多かったが、年齢とともに偶発症のリスクが高まることなどを説明。「今では問い合わせは年数件ほどで、おおむね受け入れられている」と市の担当者。18年度からは大腸がん検診にも89歳の上限を設けた。愛知県田原市も他の自治体で検診中に転倒があったことや偶発症のリスクを踏まえ、16年度から胃がんのX線検査の対象年齢を79歳までとする。両市とも、80歳以上でも主治医に認められれば検診を受けることはできる。17年度からの国のがん対策の指針「第3期がん対策推進基本計画」では、がんによる死亡率減少のために取り組むべき施策の一つとして、がん検診の意義とともに、不利益についても理解を得られるよう普及啓発活動を進めるとしている。大阪大の祖父江友孝教授(がん免疫学)は「高齢者は若い人に比べて健康状態などに個人差が大きく、一律に年齢で当てはめるのは難しい」と指摘。そのうえで「高齢になると利益と不利益の差が小さくなる。不利益についても理解してもらうことが大切」と話す。1月19日 朝日新聞 がん新時代 より

prev がん検診 不利益も知って 2
がん検診 不利益も知って 2
がん検診 高齢者の受診 国も議論 next
がん検診 高齢者の受診 国も議論

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん検診 対象年齢 上限設ける自治体も

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん検診 対象年齢 上限設ける自治体も
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.