アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年11月28日 (木)

    カテゴリ:

    血液1滴➡がん判定 2時間で精度99% 東芝、実証試験へ

    東芝は25日、1滴の血液からがんを検出できる検査技術を開発したと発表した。13種類のがんのいずれかにかかっているかどうかを、2時間以内に99%の精度で判定できるという。2020年から実証実験を始め、数年以内に人間ドックのオプションに盛り込むなどの実用化をめざす。2万円以下で検査できるようにし、がんの早期発見につなげたい考えだ。血液中を流れる数ナノメートル(ナノは10億分の1)の「マイクロRNA」という物質の量から、がんにかかっているかを見分ける。約2500種類あるマイクロRNAの一部は、がん細胞と正常な細胞でつくる量が異なることが分かっており、がん検診の目印になると期待されている。エックス線画像や内視鏡など目視で識別する従来のがん検診では「ステージ0」といった初期のがんは腫瘍が小さいために発見が難しい。東芝が開発した秘術では、肺がんや胃がん、大腸など13種類のがんについて、高精度の検出が可能になったという。従来のようにがんの種類ごとに検診方法を変える必要がなく、受診者の負担も少なくて済む。ただ13種類のがんのいずれかにかかっているかは分かるが、どのがんを患っているかの特定はできないという。実用化に向けては、より多くの検体で実験しても精度を下げないことが求められる。国立がん研究センターの中山富雄検診研究部長は、「実験に期待はかかるが、他の研究でも費用の確保や検診方法の確立に苦しむ例は多い。これからが正念場という段階に過ぎない」と指摘する。東レも、マイクロRNAを使ったがん検診の研究を進めている。東芝の技術とはマイクロRNAの見つけ方が異なり、検査できるのは膵臓がんと胆道がんの2種類にとどまるという。東芝は不正会計問題で経営危機に陥った際に、黒字だった医療機器子会社を売却した。マイクロRNAによるがん検診を含む「精密医療」分野を新規事業に位置付け、収益拡大をねらう。11月26日 朝日新聞

prev 免疫療法 驚くべき効果も
免疫療法 驚くべき効果も
肝がん 入院助成にズレ「4回目以降」条件 申請の壁に  next
肝がん 入院助成にズレ「4回目以降」条件 申請の壁に 

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

血液1滴➡がん判定 2時間で精度99% 東芝、実証試験へ

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

血液1滴➡がん判定 2時間で精度99% 東芝、実証試験へ
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.