アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月5日 (土)

    カテゴリ:

    「肺がん」の最新外科治療

    様々ながんの中でも、特に死亡率が高い「肺がん」。近年の統計によると、国内では年間およそ7万4千人が肺がんで命を落としているという。肺がんの最新外科治療について、久留米大学医学部呼吸器外科の光岡正浩教授に話を聞いた。大腸がんや乳がんなどの患者数が増えているものの、肺がんによる死者数が依然として多いのは、「悪性度」が高いからです。肺がんは「腺がん」「扁平上皮がん」「大細胞がん」「小細胞がん」に大別され、このうち小細胞がんは、レントゲンに写る大きさになったときには、すでに全身に転移していることが少なくありません。また、日本人の肺がんの約50%を占める腺がんの場合、発症初期は無症状であることがほとんどなので、早期発見しにくいのです。加齢も肺がんのリスクファクターで、患者さんの多くは60~70歳代なので、高齢者比率の高まりに伴って患者数も増えると予想されています。「悪性度」が高い肺がん死亡者数は依然として1位です。1月4日朝日新聞・広告特集より

prev 石灰化
石灰化
手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療 next
手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「肺がん」の最新外科治療

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「肺がん」の最新外科治療
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.