アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月6日 (日)

    カテゴリ:

    手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療

    外科手術の対象となる肺がんは、がん細胞が遠隔転移する前のステージ1~3Aまで。以前は開胸手術が一般的でしたが、現在、腋窩下部に開けた三つの穴から胸腔鏡下手術(3ポート法)が主流になっています。一方、少し複雑な操作が必要な場合は、腋窩の前方を切開して術者の片手を挿入し、胸腔鏡で視野を補う「前方腋窩切開法」が選択されます。開胸手術の一種ではあるものの、切開幅は12~15cmほどなので術後の回復は胸腔鏡下手術と大差なく、直接手を動かせる分、出血時などの安全性が高い方法です。昨年4月には、肺がんに対する「ロボット支援下手術」が保険適用で行えるようになりました。安全性・有用の証明はこれからですが、将来、より複雑な手術にも応用できる可能性があるでしょう。画像診断の進歩に伴い、非常に小さな病変も発見できるようになったことで、特殊なX線撮影装置を応用する「術中同定法」という技術が生まれました。また、太い気道が腫瘍で塞がるのを防ぐため、レーザー焼妁とバルーンによる気道拡張、ステント留置で気道を確保する「インターベンション治療」を行い、抗がん剤による化学療法や放射線療法につなぐ方法も用いられています。1月4日朝日新聞・広告特集より

prev 「肺がん」の最新外科治療
「肺がん」の最新外科治療
地域における医療連携と専門医の育成が重要な課題 next
地域における医療連携と専門医の育成が重要な課題

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.