アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月7日 (月)

    カテゴリ:

    地域における医療連携と専門医の育成が重要な課題

    呼吸器外科医は、まだまだ不足しています。専門医育成は大学病院の使命の一つなので、久留米大の場合は外科学会の専門医試験合格者のうち呼吸器外科医を志望する医師を対象に、独自のトレーニングカリキュラムを実施しています。一方、地域内の医療連携強化も、大学病院をはじめ各地の中核病院が中心となって進めなければなりません。筑後エリアでは、患者さんの診療情報を医療機関同士が共有し、検査や処方の重複を防ぐ取り組みを推進しています。「喫煙者の病気」と思われがちな肺がんですが、近年は非喫煙者の発症数も増えているので、痰に血が混じる、原因不明の微熱や咳が続く、身体の同じ部位に強い痛みがある・・・などの方や、造船や建物解体などの職業に長期間就いていた方などは、かかりつけ医に相談してCT検査が受けられる医療機関を紹介してもらうようにしてください。(談) 1月4日 朝日新聞・広告特集より

prev 手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療
手術の選択肢が増えより低侵襲となった肺がん外科治療
がんを早期に見つける方法 next
がんを早期に見つける方法

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

地域における医療連携と専門医の育成が重要な課題

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

地域における医療連携と専門医の育成が重要な課題
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.