アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年8月2日 (金)

    カテゴリ:

    肝臓がん 治療順入れ替え 生存期間延びる

    近畿大学などの研究チームは31日、治療が難しい肝臓がんについて、抗がん剤でがんを小さくした後に、残ったがん細胞に栄養を運ぶ血管を塞いで「兵糧攻め」にする方法で、患者の生存期間を延ばす効果が確認された、と発表した。臨床研究結果をまとめた論文が、スイスの専門誌に掲載された。臨床研究の対象は、腫瘍がたくさんあったり、大きかったりする肝がん。こうした肝がんの治療法に、カテーテルを使って抗がん剤とスポンジのような物質を入れて血管を塞ぎ、がん細胞への栄養を断つ方法がある。ただ、この方法では、正常な細胞も死んで肝機能が低下するうえ、がん再発も多かった。そこで、従来の「兵糧攻め」治療をする前に、「レンバチニブ」という抗がん剤を使い、がんを小さくしてから、血管を塞ぐ治療をした。すると、生存期間の中央値は従来の21カ月に比べ、今回は38カ月になった。がんが残ることが減り、肝機能の低下も抑えられた。臨床研究の対象患者30人のうち5人ではがんが消えたという。この抗がん剤には重篤な副作用として、脳症や死亡が報告されている。今回の研究ではそういった事例はなかったという。近畿大医学部の工藤正俊教授(消火器内科)は「結果として、単に順番を入れ替えるだけで、極めて高い効果を得られた」と話した。8月1日 朝日新聞

prev まず禁煙 ■他の部位 検診受けて 
まず禁煙 ■他の部位 検診受けて 
遺族の心の「よりどころ」に next
遺族の心の「よりどころ」に

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

肝臓がん 治療順入れ替え 生存期間延びる

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

肝臓がん 治療順入れ替え 生存期間延びる
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.