アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年12月2日 (月)

    カテゴリ:

    肝がん 入院助成にズレ「4回目以降」条件 申請の壁に 

    肝がんや重度の肝硬変の患者を対象にした国と都道府県の入院医療費の助成制度の申請が想定の1%に満たないことがわかった。治療法が変わり、女性の条件に当てはまる人がほとんどいなくなったためだ。患者の負担は依然として大きいことから、専門家は「実態に合わせて制度を改めるべきだ」と指摘する。助成制度は2018年12月に始まった。B型、C型肝炎ウイルスが原因で肝がんや重度肝硬変になった患者が対象。過去1年間で自己負担額が一定額を超えた入院について、4回目以降(月2度入院した場合は1回とする)は、その月の入院費の自己負担額が最大1万円になる。残りは国と都道府県が半分ずつ負担する。国は毎月約7200件と想定。18年度に約10億円、19年度は14億円の予算を盛った。だが朝日新聞が47都道府県に各月の申請件数を聞いたところ、18年12月~今年8月末で計320件。申請が最も多かった19年3月でも60件で、想定の1%に満たなかった。B型、C型といったウイルス性肝炎が進行すると肝がんや肝硬変になる。進行を止めるには、体内のウイルスを排除する必要がある。C型肝炎治療ガイドラインの作成委員を務めた田中篤・帝京大教授によると、5年ほど前までは注射薬インターフェロンが中心で、ウイルスを十分排除できずに複数回注射する必要があったり、症状が進んだりして入退院を繰り返す場合があったという。しかし、14年以降、のみ薬が相次いで公的医療保険の適用対象になり、通院治療で済む場合が多くなった。タナカさんは「年に1~2回入院するケースが多いが治療費の負担は大きい。4回の入院という条件を緩めるべきだ」と話す。厚生労働省の担当者は「実態を把握したうえで、対応を検討したい」としている。12月2日 朝日新聞

prev 血液1滴➡がん判定 2時間で精度99% 東芝、実証試験へ
血液1滴➡がん判定 2時間で精度99% 東芝、実証試験へ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

肝がん 入院助成にズレ「4回目以降」条件 申請の壁に 

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

肝がん 入院助成にズレ「4回目以降」条件 申請の壁に 
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.