アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

乳がん-5ページ目

  • ピンクリボンシンポジウム

    2019年1月18日

    カテゴリ:

    ピンクリボンシンポジウム

    2019年1月18日

    乳がんの治療に携わる医師や看護師、闘病経験者を講師に、早期発見の大切さを考える。 <東京会場 10月4日> 東京都千代田区の有楽町朝日ホールで1部(一般向け)は午後1時~3時、岩瀬拓士・癌研有明病院レディースセンター乳腺科部長、アグネ…

    »続きを読む
  • 早くみつければ きっと治る

    2019年1月15日

    カテゴリ:

    早くみつければ きっと治る

    2019年1月15日

    早く見つかれば、高い確率で治るといわれる乳がん。一方で、検診を受けなかったばかりに発見や治療が遅れ、毎年1万人を超える人が亡くなっている。そんな状況を変えようと、「乳がん月間」の10月、全国でピンクリボンフェスティバルが始まる。皮切りの10…

    »続きを読む
  • 乳がんの全摘手術

    2019年1月12日

    カテゴリ:

    乳がんの全摘手術

    2019年1月12日

    昨年乳がんの全摘手術を受けました。治療中は必死でしたが、終わってからは乳房をなくしたことや再発の不安などで落ち込んでしまいます。(山田邦子さん)私の場合は2年前、左右の乳房に三つのがんが見つかり手術となりました。最初はやはり落ち込みました。…

    »続きを読む
  • 抗がん剤の副作用

    2019年1月12日

    カテゴリ:

    抗がん剤の副作用

    2019年1月12日

    乳がんの手術を受け、手術後は抗がん剤治療を予定していますが、副作用で髪の毛が抜けるのが嫌でたまりません。髪の抜けない抗がん剤はありませんか。浸潤がんの場合は、その種が全身に飛んでいる可能性があります。その種が再発してしまってからでは完全に叩…

    »続きを読む
  • 細胞診

    2019年1月12日

    カテゴリ:

    細胞診

    2019年1月12日

    乳がんの疑いで細胞診という検査を受けたところ良性とのことでした。でも本当に良性なのか心配です。また良性の腫瘍が、悪性に変わってしまうことはあるのでしょうか。細胞診というのはがんが疑われる部位に小さな細い針を刺して、細胞をとって調べる検査のこ…

    »続きを読む
  • 乳がん撲滅 自販機で協力

    2019年1月11日

    カテゴリ:

    乳がん撲滅 自販機で協力

    2019年1月11日

    乳がん撲滅の一助にと、福岡商工会議所とキリンビバレッジ九州地区本部が協力して11日、福岡市博多区の同会議所ビル1階ロビーに「ピンクリボン支援自動販売機」を置いた。同会議所が清涼飲料水メーカー4社に、アイデアを凝らした自販機の設置を持ちかけた…

    »続きを読む
  • 石灰化

    2019年1月4日

    カテゴリ:

    石灰化

    2019年1月4日

    検診の普及にともなって、検査の結果「石灰化」を指摘される方が増え、多くなってきました。石灰化とは乳房内に見られるカルシウムで、マンモグラフィでは砂粒をまいたように見えます。ただ石灰化を指摘されたとしても、必ずしも悪性とは限りません。その形状…

    »続きを読む
  • 乳房温存療法での変形

    2019年1月4日

    カテゴリ:

    乳房温存療法での変形

    2019年1月4日

    乳房温存療法で小さく部分切除しても、変形に悩んでいる人は少なくないと聞きます。ある程度の変形は仕方のないことなのでしょうか。乳房温存手術にも様々なケースがあり、がんが広範に広がっていることで切除範囲が広くなる場合や、がんのできた部分によって…

    »続きを読む
  • 乳がんの確定診断

    2019年1月4日

    カテゴリ:

    乳がんの確定診断

    2019年1月4日

    たとえばあなたが検診の結果を聞きにいって「乳がんです」と言われたらどうしますか。大切なのは、「本当にがんなの?」と調べることだと私は考えます。アメリカでは必ずこれをやるけれど、日本の女性はほとんどやらない。私にはそれが不思議でたまりませんで…

    »続きを読む
  • 小さく切除する「温存療法」の進化

    2019年1月4日

    カテゴリ:

    小さく切除する「温存療法」の進化

    2019年1月4日

    乳がんの治療はここ20年で著しい変化を遂げています。現在ではまず画像診断でがんの大きさを測定し、がんの部分の組織をとって浸潤の有無を調べます。そしてそのがんは女性ホルモンの刺激に反応するのか、活発に大きくなる性質なのかなどを見極めます。その…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

ピンクリボンシンポジウム

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

ピンクリボンシンポジウム
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.