アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月1日 (金)

    カテゴリ:

    遺伝性乳がん 待望の新薬

    再発後の遺伝性乳がん向け治療薬が昨年7月、国内で承認され、使えるようになった。遺伝性腫瘍への初となる治療薬の登場は、患者の選択肢を広げる。その一方、治療方針を決めるには、遺伝性のがんかどうかを検査することになり、カウンセリング体制の整備が急がれる。愛知県に住む女性(40)は2009年に乳がんが見つかり、摘出手術と放射線治療を受けた。4年後に再発がわかりホルモン療法や抗がん剤治療を続けてきた。昨年末、腫瘍マーカーの数値が上昇、新しい薬「オラパリブ(リムパーザ)」を使えないかと主治医に相談し、必要な遺伝子検査を受けた。「遺伝性のがん向けの薬があれば、検査を受ける意味がある。進行・再発の人向けの選択肢が増えるのはいいこと」と話す。1月23日 朝日新聞 医療 より

prev がん研究優秀賞九大院生ら3人
がん研究優秀賞九大院生ら3人
乳がん再発後向けの「オラパリブ」昨年承認 next
乳がん再発後向けの「オラパリブ」昨年承認

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

遺伝性乳がん 待望の新薬

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

遺伝性乳がん 待望の新薬
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.