アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月2日 (土)

    カテゴリ:

    乳がん再発後向けの「オラパリブ」昨年承認

    遺伝性乳がんは、原因の一つに遺伝子BRCA1、BRCA2の変異があることが分かっている。家族性腫瘍の中で最も頻度が高いとされ、乳がん患者全体の7~10%前後と考えられている。13年には、米俳優のアンジェリーナ・ジョリーさんがBRCA1の変異があると告白。がん予防のために乳腺を切除する手術を受け話題になった。BRCA1,2は誰もが持っている遺伝子で、紫外線や化学物質の刺激などにより、日々損傷を受けるDNAを修復する機能を持つ。変異があると、遺伝子にできた傷を修復しにくくなり、変異がない人に比べて6~12倍、乳がんになりやすいとされる。遺伝性乳がんの治療薬として新たに承認されたオラパリブは「PARP阻害剤」という種類の分子標的薬で、DNA修復機能を利用して、がんを細胞死させる。薬の対象は再発したり、手術ができなかったりする状態で、BRCA遺伝子変異のある乳がん患者。抗がん剤の治療暦があり、がん細胞の表面にあるHER2というたんぱく質の標的が無いことも条件になる。薬は錠剤で基本的には1日2回飲めばよく、外来通院で治療できる。臨床試験(治験)で報告されている主な副作用は、悪心や貧血などだった。薬を使うにはBRCA遺伝子に変異があるかどうかの検査が必要になる。7ミリリットルを採血し、結果は約3週間でわかる。費用は約20万円だが保険が使えるため、自己負担はその1~3割となる。1月23日 朝日新聞 衣料より

prev 遺伝性乳がん 待望の新薬
遺伝性乳がん 待望の新薬
親族にも影響 カウンセリング重要 next
親族にも影響 カウンセリング重要

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

乳がん再発後向けの「オラパリブ」昨年承認

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

乳がん再発後向けの「オラパリブ」昨年承認
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.