アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年2月5日 (水)

    カテゴリ:

    遺伝性がん 予防切除を選んだが

    「オカルトがんが見つかりました」卵管と卵巣の予防切除を2019年9月に受けた2週間後。太宰牧子さん(51)が慶応義塾大病院を受診すると、主治医が言った。オカルトがんとは予防切除などで偶然、見つかるがんをさす。予防切除前に受けた検査で、がんは見つからなかった。だが切除した卵管・卵巣をミリ単位にスライスして調べたら、がん細胞が見つかったのだ。太宰さんは、乳がんや卵巣がんになりやすい遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)だと診断されていた。BRCA1という遺伝子に変異がある。「恐るべし、BRCA」。オカルトがんだと聞き、真っ先にそう思った。「がんとわかりショックでした。でも、ごく小さな段階でがんを発見できたのは、予防切除を受けたおかげ。受けていなかったらと考えるとゾッとする」ただ卵巣がんの手術の説明を聞くうちに、気が滅入ってきた。標準治療では、転移を防ごうと子宮や腹腔内のリンパ節も切除する。鎖骨から恥骨までおなかを縦に30センチ以上切らなければならない。「どうしても切らなきゃいけないんですか」必要なことは百も承知だったが、つい医師に聞いてしまった。12月中旬には抗がん剤治療も始まった。3週間単位の治療を6回繰り返す計画だ。髪が抜け、体中の痛みが続いている。「私の人生、HBOCという体質といかに上手につきあっていくかが大切。うまくつきあい、がんで死なないようにできる限り努力したい」。2月2日 朝日新聞

prev 姉は卵巣がん 私は乳がん なぜ
姉は卵巣がん 私は乳がん なぜ
全摘後すぐ復職のはずが next
全摘後すぐ復職のはずが

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

遺伝性がん 予防切除を選んだが

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

遺伝性がん 予防切除を選んだが
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.