アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年2月19日 (水)

    カテゴリ:

    「今は・・・」切らないという選択

    がんになる前の乳房や卵巣を手術でとる。そんな選択肢もあるなか、選ばない人は多い。東京都内の女性(38)は2016年、左乳房にがんが見つかった。19年秋には反対側の右乳房もがんと診断された。母親が乳がんで亡くなっていたこともあり、医師から遺伝性腫瘍の可能性を指摘された。遺伝子検査を受けると、BRCA2遺伝子に変異があり、HBOCとわかった。がんの進行度は超早期のステージ0で、一般的には部分切除になる。だが遺伝性のため、がんがない部分を含めた全ての乳腺を切除する「全摘」を、医師から勧められた。「進行していて治療として必要ならば生きるほうを選ぶ。早期で見つかったのに、なぜ全部とらなければいけないの」。女性は温存手術を選んだ。卵管・卵巣の予防切除についても、医師から説明を受けた。卵巣がんは初期の段階で見つけるのが難しい。「リスクは下がるとわかっていても、とったら妊娠できなくなってしまう。独身だし、今はとりたくない」と答えた。ただ、将来的には切除も検討するという。「子どもを産んでいるかとか、状況にもよるかもしれない」。HBOCとわかり、予防切除をした人の割合は、国内の最新データでも3割に満たない。聖路加国際病院で遺伝子カウンセリングをする看護師の大川恵さんは「切除してもしなくても、遺伝性腫瘍の人の体質は一生変わらない。自分の体とどう向き合うか、皆が悩んでいる。百人いれば百通りの選択がある」と話す。2月2日 朝日新聞 プレミアムAより

prev 公的保険の対象に
公的保険の対象に
差別防止など課題 next
差別防止など課題

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「今は・・・」切らないという選択

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「今は・・・」切らないという選択
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.