アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年6月16日 (日)

    カテゴリ:

    子宮頸がんワクチン 続く検証 接種の積極的勧奨中止から6年

    子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)に感染するのを防ぐための「HPVワクチン」について、厚生労働省が積極的に接種を勧めるのをやめてから6年になる。接種ががんの発症を減らせることを示唆する複数のデータが公表される一方で、重い副反応への心配も消えたとはいえない。東京都の会社員女性(48)は、中学3年の長女(14)へのワクチン接種について悩み続けている。娘が子宮頸がんになるのを防ぎたい。効果はあるのだろうが、娘に思い副反応が起きないか不安だ。夫(51)も娘を説得してでも「接種してほしい」とは言えないでいる。女性は「娘がどう考えているかを聞くことができずに、日々が過ぎていく」と話す。子宮頸がんは性交渉でHPVに感染することで起こる。HPVは感染してもほとんどは自然に消えるが、感染し続けると前がん病変ができ、一部ががんになる。ワクチンは、がんになりやすい特定のタイプのHPVウイルスへの感染を防ぐため、複数回注射する。国内で子宮頸がんになる人は年間約1万人で、約2800人が死亡している。6月12日 朝日新聞 医療より

prev 未承認のがん免疫療法 注意を 学会「効果や安全性不明」
未承認のがん免疫療法 注意を 学会「効果や安全性不明」
効果を示す研究発表 相次ぐ next
効果を示す研究発表 相次ぐ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

子宮頸がんワクチン 続く検証 接種の積極的勧奨中止から6年

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

子宮頸がんワクチン 続く検証 接種の積極的勧奨中止から6年
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.