アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年6月20日 (木)

    カテゴリ:

    重い副反応 ヒブより高い頻度

    ワクチンは健康な人に使うため、一種の安全性が求められる。だが、HPVワクチンの安全性は専門家の間で評価が必ずしも一致していない。ワクチン接種後、体の広範囲にわたる痛みなどを訴える例が相次いだ。また厚労省によると、呼吸困難やじんましん、嘔吐といった重い症状が10万人あたり52.5人の割合(17年8月現在)で報告された。その頻度は、インフルエンザ菌B型(ヒブ)ワクチンなどほかのワクチンと比べ高い。世界保健機関(WHO)の委員会はワクチンを「極めて安全」とするが、米国医学研究所(現・全米医学アカデミー)は11年、全身性のアレルギー反応「アナフィラキシー」と、接種との関係があると推定した。鹿児島大の高嶋博教授(神経内科)は、実際に診察した50人近い患者の特徴から「まひやけいれんなどを含む重い症状の人では、免疫の異常で脳に炎症が起きている」とみる。免疫の働きを抑える治療を試みると、改善することが多いという。ワクチンに含まれる免疫反応を高める成分との関連を指摘する声もある。ただ、幅広い症状がどんな原因で起きているのか、どんな人が重くなりやすいのかなどまだわかっていない点が多い。6月12日 朝日新聞 医療より

prev 効果を示す研究発表 相次ぐ
効果を示す研究発表 相次ぐ
HPVワクチン積極的推奨中止 next
HPVワクチン積極的推奨中止

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

重い副反応 ヒブより高い頻度

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

重い副反応 ヒブより高い頻度
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.