アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年8月23日 (金)

    カテゴリ:

    「子宮頸がん 治るはずだった」遺族

    死亡した女性は九州労災病院で「陰性」と告げられた後も、数日に一度は不正出血が続いた。女性と、30代の長女は月数回の通院の度に、「おかしい」「産婦人科に伝えてほしい」と訴えたが、「年齢的なホルモン異常ではないか」などと言われ、再検査はされなかったという。長女自身も2012年、子宮頸がんになった。だから、女性が14年に不正出血を訴えた時、すぐにがんを疑った。細胞診検査は地域の開業医でも受けられたが、別の病気で通っていた九州労災病院を選んだ。長女も「大きな病院のほうが安心」と勧めた。がんとわかった後、女性は抗がん剤や放射線の副作用に加え、取り違えの精神的ショックからうつ病の薬も飲むようになった。ふくよかでおしゃれが大好きだった女性は、「悔しい」と言いながら痩せ細っていった。亡くなる約5カ月前、別の病院で「打つ手がない」と告げられた後、帰宅中の車内から労災病院を見つめる無念そうな横顔を、長女は忘れられない。「こんなつらい思いをしたのが親の自分でよかった」と言い残し、亡くなった。長女は細胞診検査でがんが見つかり、レーザー治療を受けて今は健康に過ごしている。「早く見つかれば治るはずだったのに」。そう繰り返し、唇をかんだ。8月22日 朝日新聞

prev がん検査 検体取り違え 九州労災病院 女性、3年後死亡
がん検査 検体取り違え 九州労災病院 女性、3年後死亡
病院側は因果関係否定 next
病院側は因果関係否定

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「子宮頸がん 治るはずだった」遺族

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「子宮頸がん 治るはずだった」遺族
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.