アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年8月24日 (土)

    カテゴリ:

    病院側は因果関係否定

    労災病院側は取り違えと死亡との因果関係を認めなかったため、遺族は17年10月、治療費の返還や慰謝料など6361万円の支払いを求めて、福岡地裁小倉支部に裁判を起こした。裁判で労災病院側は、取り違えが起きた検査の結果が疑陽性でもがんを発症していたとは限らず、その後の精密検査で陰性と診断される可能性があったと主張。検査の時点でがんがすでに進行していたとすれば、発見しても結果は同じだったなどと訴えている。九州労災病院は朝日新聞の取材に対し、「係争中なので一切答えられない」としている。同病院は1949年、全国初の労災病院として開設。地域医療の拠点「地域医療支援病院」に指定されている。450床。8月22日 朝日新聞

prev 「子宮頸がん 治るはずだった」遺族
「子宮頸がん 治るはずだった」遺族
緩和ケア医 自身のがん体験出版 next
緩和ケア医 自身のがん体験出版

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

病院側は因果関係否定

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

病院側は因果関係否定
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.