アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月4日 (月)

    カテゴリ:

    標的は「運転手遺伝子」

    がんの治療薬は、細胞を暴走させる「運転手」を標的にしている。なぜか。がんは、遺伝子変異の積み重ねで発生する。その引き金になるのが「ドライバー(運転手)遺伝子」だ。このドライバー遺伝子に変異が生じると、細胞が異常な分裂を始める。分裂が頻繁に起きると、DNAをコピーする際に間違いが起こりやすくなり、他の遺伝子の変異にもつながっていく。遺伝子変異ごとの治療薬の開発が最も進んでいるのは肺がんだ。細胞をがん化に進ませる「暴走運転手」の存在が多くわかっているためで。10種類ほどのドライバー遺伝子変異が明らかになっている。自身の変異に合う薬にたどりつけず、治療できないケースも多いが、変異に合った薬を使うことができれば、肺のがんが小さくなる「奏功率」は6~7割。従来の抗がん剤よりも副作用は少ないという。国立がん研究センター東病院の後藤功一・呼吸器内科長は「遺伝子検査でドライバー遺伝子が見つかり、変異に合った薬で治療できれば生存期間も3~5倍に延びている。変異に合った薬の開発を進めたい」と話す。1月23日 朝日新聞 医療欄より

prev 親族にも影響 カウンセリング重要
親族にも影響 カウンセリング重要
がん治療と仕事の両立 支援道半ば next
がん治療と仕事の両立 支援道半ば

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

標的は「運転手遺伝子」

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

標的は「運転手遺伝子」
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.