アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月20日 (水)

    カテゴリ:

    治療中の収入支える

    化粧品大手ポーラ(東京都)は昨年7月から、約4万5千人の委託販売員に対して支援を始めた。仮にがん治療で店に立てなくなった、治療で販売成績が落ちたといった場合でも、申請から最長2年間、販売員の報酬に関わるクラスを維持したり、がんになる前の売上に基づいて手当てを支給したりしている。互助組織に加入する約1万人に、上限1万円のがん検診費用を補助する制度も始めた。きっかけは、仙台に住む委託販売員で乳がん経験者の伊藤千津子さん(65)だった。伊藤さんは09年、ステージ4の乳がんが発覚。余命1年と宣告され、放射線と抗がん剤治療を受けた。治療は効果を上げ、3カ月で退院したが、24キロやせて不安からうつ病になった。店を構えていたが、長年の販売仲間が売り上げを支えてくれ、閉めずにすんだ。「またあなたのエステを受けたい」という客の励ましと家族の助けで、東日本大震災以後に復職した。16年春に横手喜一社長が全国視察で仙台を訪問した際、伊藤さんは、闘病経験や東北労災病院でがん患者を中心にハンドマッサージのボランティアを始めたことを話した。社員の7割が女性で、約4万5千人いる委託販売員は全員が女性だ。がんの罹患率は、女性の場合、働き盛りの40代から増える。横手社長は「仕事の両立だけでなく、理不尽に向き合う強い心」に共鳴し、昨年初めに「がん共生プログラム」をつくった。まだ制度の利用は少ない。だが問い合わせはある。「売り上げが維持できなくなったら使える制度があるのは安心」と伊藤さんは話す。ポーラは、がんの経験を社内で共有することも始めた。2月4日 朝日新聞 働く より

prev 安心できる職場めざして2
安心できる職場めざして2
化学療法決める際にも next
化学療法決める際にも

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

治療中の収入支える

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

治療中の収入支える
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.