アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年2月23日 (土)

    カテゴリ:

    化学療法決める際にも

    ゲノム医療で期待されているのは、がん細胞の遺伝子を網羅的に検査して、効果がありそうな「分子標的薬」を見つけることだ。遺伝子を調べると、どんな抗がん剤を使ったらいいかがわかる可能性もある。がん細胞に特徴的な分身を狙って攻撃する分子標的薬と違い、抗がん剤は増殖する細胞を攻撃し、正常な細胞も攻撃する。吐き気や脱毛などの副作用が強いことが知られている。乳がんの場合、がん細胞の21の遺伝子を調べて再発の可能性を予測する「オンコタイプDX」という検査がある。手術後に行う科学療法の治療方針を決めるために使われる。だが、国内ではまだ保険適用されおらず、40万円ほどの検査費用がかかる。2018年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)では、このオンコタイプDXを使い予測すれば、7割の患者に化学療法が不要になるかもしれないというデータが報告され注目を集めた。昭和大学乳腺外科の中村清吾教授は「遺伝子を調べることで、患者さんの負担を減らすことにもつながる可能性がある」と期待を込めて話す。2月20日 朝日新聞 医療 より

prev 治療中の収入支える
治療中の収入支える
下血・ポリープ 募る不安 next
下血・ポリープ 募る不安

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

化学療法決める際にも

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

化学療法決める際にも
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.