アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年3月13日 (水)

    カテゴリ:

    「すみません」より「ありがとう」

    <御園生>患者の立場からは「自分はこの会社にいてもいいんだ」と安心できる。でも、がんだけに手厚いと、同僚は「割りを食っている」と感じないか。
    <竹田>難しい問題だが、採用活動をしていると、最近の学生はダイバーシティーや健康経営に関心が高い。応援団が増えてきていると実感している。
    <藤田>治療のために「すみません、お先に」と帰る仲間に対し、「『すみません』じゃなくて、『ありがとう』にして」と言えるようになる。みんなも「ありがとう、頑張ってね」と返す。お互いの心が豊かになり、お客様への良いサービスにつながる。<高橋>私が出会った複数の産業医が「人の体は完全には予測不可能。育児や介護も含めて100%の力で動けない時が必ずある」と話していた。組織はそういう生身の人間で成り立っている、という前提を共有するべきだ。—–とはいえ、がんを周りに伝えることは難しい。<御園生>自分の状況を正しく知ってもらうことが大事だ。少ない情報をもとに話をされると誤解やうわさが広がりやすい。それを食い止めるため、正しい情報をインプットする「コア人材」を決めている。僕の場合は上司で、「仕事をしたい」という意思と治療の段階を伝えている。<高橋>本人から言ってもらえると周りは助かる。なぜなら、聞きにくいからだ。私の夫が胆管がんになった時も、普段のようにざっくばらんに話せずと悶々とした。家族でさえ、特に初めは聞きにくい。2月27日 朝日新聞 がん 職場も支える パネルディスカッションより

prev がんでも働きやすい会社になるために
がんでも働きやすい会社になるために
家族の存在大切 必要なケアを next
家族の存在大切 必要なケアを

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

「すみません」より「ありがとう」

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

「すみません」より「ありがとう」
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.