アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年5月1日 (水)

    カテゴリ:

    食べる・話す 生活の質に影響 

    (口腔がんの)治療は、がんを切除する手術が中心になる。舌を部分的に切除する場合だと1週間程度の入院が必要になる。首のリンパ節も切除する場合は、入院が2週間以上になることもある。舌を大きく切除する場合は、腹や太ももの筋肉を移植して再建することもあるが、リハビリをしても元のように舌を動かすことは難しくなる。東京歯科大の片倉明教授(口腔外科)は「舌の部分を切ると、生活の質が大きく落ちる。そうならないために早く見つけることが大切」と話す。口の中の異常なので、鏡に映すなどすれば自分でも見つけやすい。舌の表面の細胞は約2週間で入れ替わるので、口内炎になっても2週間程度で治ることが多い。それ以上、症状が続く場合は要注意だ。東京歯科大は口の中の傷が治らない、白いできものがあるなど注意が必要な症状のリストを作り、配っている。口腔がん治療は、口腔外科のほか咽頭がん、喉頭がんを扱う耳鼻咽喉科でもしている。耳鼻咽喉科医からなる日本頭頚部外科学会の理事で、東京医科歯科大の朝陰孝宏教授は「口腔がんは、早期でも肺などに転移することがある全身の病。頭頚部がんの専門医がいる施設で治療を受けるのが望ましい」と話す。 4月24日 朝日新聞 医療より

prev 口腔がんかも・・・早めに受診を
口腔がんかも・・・早めに受診を
検診 独自に実施の自治体も next
検診 独自に実施の自治体も

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

食べる・話す 生活の質に影響 

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

食べる・話す 生活の質に影響 
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.