アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年8月26日 (月)

    カテゴリ:

    緩和ケア医 自身のがん体験出版

    がんを患う三重県の医師、大橋洋平さん(55)が単行本「緩和ケア医が、がんになって」(双葉社)を今月出版した。がん末期の患者をみとる側から当事者となり、「しぶとく生きる」と朝日新聞の投稿欄で宣言して8カ月。転移が見つかり命の期限が迫るなか、「最期のメッサージ」を残そうと執念を燃やした一冊だ。大橋さんは昨年6月、10万人に1人と言われる希少がん「消化管間質腫瘍(GIST)」が見つかった。悪性度が高く、胃の大半を摘出後は食欲不振に陥り、体重が半年で40キロ減った。30センチに達する手術の傷は痛く、抗がん剤の副作用がつらい。「恥ずかしい話、『がん患者さんってこんなに大変でくるしかったんやー』と、ようやく気付きました」と苦笑いする。昨年暮れ、そんな率直な気持ちを「声」欄に投稿。3カ月後には、大橋さんのインタビューが生活面に掲載された。苦しければ弱音を吐き、もっと自由でわがままに「患者風」を吹かせようと、がん患者へ呼びかける内容だった。8月23日 朝日新聞 生活 より

prev 病院側は因果関係否定
病院側は因果関係否定
弱さ吐露 でも「希望見つけて生きられる」 next
弱さ吐露 でも「希望見つけて生きられる」

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

緩和ケア医 自身のがん体験出版

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

緩和ケア医 自身のがん体験出版
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.