アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年8月27日 (火)

    カテゴリ:

    弱さ吐露 でも「希望見つけて生きられる」

    これに注目したのが双葉社の編集者、湯口真希さん。4年前に膵臓がんで父を亡くしたが、途中で体調を崩した父との最期の旅を決行したことを悔やんできた。「父の望みとはいえ無理をさせてしまったと。それが大橋先生の言葉に触れ、父に『好きなように生きたから大丈夫』と許された気がしました」。湯口さんが大橋さんに手記の執筆を依頼する手紙を書いた直後の4月上旬、大橋さんには肝臓転移がわかった。残された時間が短いと知った大橋さんはすぐに原稿に着手し、湯口さんも最速での8月出版に動き出した。本では入院や手術の際の医師らしからぬ動転ぶりをコミカルに描き、「私は人一倍弱い人間」と吐露。がんが完治したり、SNSで発信しながら力強く闘病したりする有名人たちが「羨ましさを超えて妬ましい」と素直につづる。一方で大橋さんが、死に近づく中で患者たちが生きる意味を見失う魂の痛みを和らげようと、「傾聴」というスキルを習得した経緯も記す。相手の話をひたすら聴き、一番苦しい部分を語らせ、本人が新たな生きる意味を見つける手助けをする。「あの技術を学んだおかげで多少オタオタせずに過ごせているかも」と穏やかに笑う。今も週4日、午前中だけだが勤務先の海南病院(愛知県)の緩和ケア病棟で診察にあたる。本人は、治療や経過が思わしくないがん患者にこそ読んでほしいと願う。「今までのようには生きられなくても、人間は新しい希望を見つけて生きられる。私にとっては本の出版。『しぶとく生きる』ことを、お互い頑張って伝えられたら」。8月23日朝日新聞 生活 より

prev 緩和ケア医 自身のがん体験出版
緩和ケア医 自身のがん体験出版
ピンクリボンフェスティバル2019 スマイルウオーク next
ピンクリボンフェスティバル2019 スマイルウオーク

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

弱さ吐露 でも「希望見つけて生きられる」

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

弱さ吐露 でも「希望見つけて生きられる」
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.